FC2ブログ
monocoque

Illustration practice blog.

PROFILE

monocoque

 趣味のお絵描き練習、ほか雑記ブログ。

 
  (ROM)
  (suspend)


[管理用]



CATEGORIES



ARCHIVES



SEARCH



リンク



ラフばかり
 あれから何とか描こうとしているけど、ラフ描いては消しての繰り返しで進まない。やっと色の仮置きまでしたのが出来たけどギブアップ。何か描き上げる気にならないなぁ。何でだろう。  DTM も全然進まない。頭にはたくさんフレーズが浮かぶけど、いざ打ち込んでみると "何か違う" となって手が止まる。その繰り返し。絵と同じだ。何だろうこのモヤモヤ。

タグ:
星井美希 #1
 SAI を買ったので早速 SAI の線画機能をマスターすべく SAI で線画を描いてみた。でも SAI の水彩筆に馴染めなかったので塗りは Painter 。線画は、 SAI のお陰で今まで「この人みたいな線が描きたいなぁ」と思っていた線っぽいのが描けるようになった。こうしなやかなカーブで強弱のついた線。
 最初は久しぶりにエロを描こうと思ったけど、ポーズ的に難易度が高かったので諦めた。そしてなんの変哲もないポーズで、なんとなく美希を。前回の反省を生かして、筋肉質にならないよう注意して描いた。足がちょっとデカイかな・・・あと華奢というよりガリっぽく見えるなぁ、うーん。こうなんていうか、痩せてるんだけど色気もあるような体のラインが描けるようになりたい。
 ただ今回なんか塗るのがイマイチ楽しくなくて、アニメ塗りっぽく適当に塗って終わらせた。なんでだろう。線画はまぁ楽しかったんだけど。ていうか顔がビミョウに気持ち悪いんだよなぁ自分の絵。自分でもそう思ってるんだから、ほかの人が見たらもっと気持ち悪いんだろうなぁ。なので Pixiv にうpするのはちょっと控えて可愛い顔を描けるようになってからリベンジしようかな。
 で、 SAI の線画だけど、これは確かに非常に描きやすい。そして前回書いた内容は SAI をロクに使ってない状態、ちょっと触った程度だったのでやや間違いがあった。線の補正機能は SAI にもかなりついていた。 SAI "にも" というか、たぶん後出の Illust Studio が SAI の機能を真似た、拡張したという方が正しいと思う。 SAI にも線を書いた後で、筆圧、線の長さや曲がり具合、全体の太さなんかを細かく補正する機能があった。ファーストインプレでは [ペン入れレイヤー] の存在を知らなかった、かつ SAI について調べる前だったから分からなかった。
 線画を描きながら機能を知っていくにつれて、「ちょ、これチートじゃないか!」とニヤニヤしてしまった。そのくらい後から線を弄り放題だ。強弱の無いフニャフニャの線を引いても、後から緩やかなカーブにして強弱を付けられるのは、素で綺麗な線が描けない自分には非常に助かる機能だ。
 それら以外にも持っている他のソフトにない線画に関する便利な機能はある。 F キーで [下のレイヤーに転写] 機能とか、 D キーで [カレントレイヤーの内容を消去] とかは頻繁に使った。 [Delete] 、 [End] 、 [Insert] キーで角度グリグリ動かせるのもいい。ただ角度調整は Painter の方がやり易いかな。無段階だし。
 それ以外で特記すべき良かった点は、別ビューで反転表示できること。例えば、作業用ビューは正常にしておいて、反転確認用のビューをずっと出しっ放しにしたりできる。これはかなり GOOD 。今のところ不満な点はレイヤーのロックができないことかな?色々やってみたけどこの機能だけはないようだ。透明度の保護はある。
 ともかく、 SAI は買って良かった。線画だけの機能でも価格以上の価値があるような気がする。

タグ: 版権 アイマス 美希
SAI ファーストインプレッション
 という訳で、早速 SAI を FL の LTU 買うときに作ったスルガさんの VISA デビットで購入した。形がどうであれ、借金が嫌で今までクレカ作らなかったけど、こうやって支払えるのはやっぱ便利だなぁ。 VISA デビットは借金じゃないのと、使う分だけ入金しとけば悪用されない点が良い。てか、 ATM 無料時間が平日 7:00 ~ 21:00 までだったり、土日もかなり長い時間無料だったりと便利すぎるので、メインの通帳にしたいくらい。
 閑話休題。まだちゃんと絵を描いてはいないけど、とりあえず噂の線画の描き味を試してみた。自分の場合かなり "手ブレ補正" を強めにしないとダメだけど、確かに綺麗に線画が描ける。強弱や入りや抜きの表現も Painter や Photoshop ( もってるバージョン古いけど ) よりいい。塗り味は Painter に近いかなぁ。でも Photoshop もどのバージョンからか、ブラシを色々アレンジできるようになったみたいだし、今はどれも変わんないのかな。ショートカットキーとかは Photoshop とほぼ共通なので違和感なく使える。ツールウィンドウがドッキングじゃないのが惜しいけど、 5,000 円であれやこれや機能欲しがってたら贅沢かも。この価格でこれだけ出来れば十分。
 Painter で塗ってるときはこんな感じ。どのソフトにしてもワイドでないと画面が狭いので、いい加減ワイドモニターも欲しい。画面がもうちょっと広かったら、本当はもっとカスタムパレットにブラシ置きたいんだけど。
 でもやっぱり Illust Studio 欲しいなぁ。あっちは線の描き易さは SAI と同等かそれ以上に見えるし、何より線画に関する機能が豊富。描いた後で線の強弱、入り抜きを補正したり、線を好きなように歪めるための線専用の指先ツールみたいなのもある。線画の機能だけ見ても断然欲しくなった。しかし、前述の通り対応 OS が WinXP 以降で NG 。
 うーん、今んとこ Illust Studio が使えない以外に特に困ってることないんだけど、 5,000 円のソフトのために PC 買い換えるべきかどうか非常に悩む。確かにそれ以外も Photoshop CS4 と Intuos4 にバージョンアップしたいって事もあるけど・・・これら全部買ったら、 DOS パラ辺りのデスクトップ PC 買って 120,000 円前後として、合わせて 250,000 円前後ってとこかぁ。うーん。
 とりあえず自作 PC は月単位で部品とっかえひっかえするような人間でない限り、あまり意味がないのがよく分かった。そうでない人や、ハードウェアや流行にあまり興味がない人は数年に一度出来合いの PC 買った方がトータルで安上がりな気がする。

タグ:
初音ミク #3
 Pixiv にうpしていってると何か同じような色使いの絵ばかりになってきた気がしたので、中間色に近い色彩のキャラを描こうと思い立ってミクに。最初は中間色ということで緑基調だったけど、塗る段階でよくよく調べたら水色基調だった。若干緑が入ってる気はするけど。
 今回もシルエット法で描いた。違う点と言えば、線画をペンツールではなくフリーハンドで描いたこと。線の強弱感は消しゴムでガリガリと・・・疲れた。
 顔が老け気味になるのはしょうがないとして、体が全体的に筋肉質になるのはなぜだろう。というか、ちょっと太ましい外人のコスプレみたいだな。相変わらず手がゴツくるなるのは自分の手を参考にしているからか。あとは右足がおかしい。これは線画段階から違和感があったので直したかったけど、角度を変えたり色々やってみたけど違和感が取れなかったので妥協した。あとは胸付近がデカすぎるのかな。たぶん数ヶ月後に見返したら自分で分かるだろう。
 ついでに muzie の画像用に後から上半身だけ服を着せてみた。やっぱ胸デカすぎみたいだ。ミクの服はそんなに複雑じゃないんだけど、唯一衿や袖口のトゲトゲを描くのが面倒臭い。胸より下は裸なんだけど、裸にネクタイってのも結構エロいな。
 これだけ ( 自分での比較的 ) 短期間に立て続けに絵描いたのって何年ぶりだろう。 2 、 3 年ぶりかな? Painter のブラシの弄り方が少し分かったお陰で塗るのが少し楽しくなり、これだけでもずいぶんモチベーションが維持がし易いもんだ。
 塗るのは少し楽しくなったけど、今度は相対的に線画が嫌になってきた。そこで色々検索してたら、どうも最近 Illust Studio なるものが発売されたらしいではないか。 YouTube にある宣伝動画を見てみると、これが線画に関する機能が色々ついていて、価格も 5,000 円くらいとかなり安い。これは買ってみよう!と思ったら対応 OS が WinXP 以降だった・・・はい、私、今だに W2K でございます。試しに体験版を入れてみたが、やはり起動できなかった。
 別に拘っている訳じゃないけど、 PC が複数台あって 1 ライセンスで使えること ( 本当は台数分買わないとダメなんだろうけど ) と、やはり軽さ。後は今使っているソフトが逆に WinXP 以降で動かなくなるかもしれないこと。でもさすがにここ数年は新しいソフトやハードウェアを買おうと思うと W2K は対応から外れているので、そろそろ・・・とは思っている。 Intuos4 も欲しいし、 Photoshop もいよいよ CS4 にアップしたい。
 という訳で、 Windows7 がメジャーになってきたら PC ごと買い足そうと思う。それで 5 、 6 年もつといいが・・・今の PC 、 2006 年に組んだから 4 年弱しかもってないや。ハードウェアもソフトウェアも進歩早いなぁ。いつになったら止まるんだ。
 と、 PC を買い換えるまで話を進めておいて何だけど、今更ながら SAI を買おうと思う。このミクの絵を描き終えたら買おうと決めていた。理由は前述の通り線画の描き易さ。これも 5,000 円くらいだし、クレカでダンロード購入できる手軽さも良い。これで線画が少しでも楽しくなれば、ペースもアップして絵も上手くなる・・・といいなぁ。

タグ: 版権 ミク
如月千早 #2
 よし、今度はちゃんと描き上げたぞ。しかし線画と塗り(つまり全部)に時間がかかりすぎる。ゲーム内の顔に忠実に描いてみたけど、オリジナルの顔にしないとイマイチ面白みがない・・・。あと服装が複雑な方が塗ってても楽しいから、次はもう少し服が複雑なやつを描いてみよう。
 絵のコスチュームはパンキッシュゴシックという種類のものらしい。これが一番気に入ったので。アクセサリーはよく分かんなかったので適当にフワフワした素材のリストを。下の動画は描くときに参考にさせて頂いたもの。
 『Shiny Smile』はダンスもいいなぁ。
 にしても、もっとサクサク描ける方法はないものか。シルエット法にしたのとフルデジタルにしたことで前よりは随分早くなったとは思うけど。
 あと問題なのが "手" 。こればっかりは、指を単純に広げたものでもない限りはシルエット法で描いてもあまり恩恵を受けられない。例えば "握っている手" の場合、一番やっかいな指はシルエットの外枠と接していないので、結局細部を一から描かなくてはならないから。
 今回は前回よりもほとんどの指が外枠と接していないので、すべて一から描いた。鏡に映した自分の手を参考にしながら描いたけど、やっぱり自分でも違和感を感じる。でもこれ以上妥協できる手が描けなかった。しかも自分の手だと、男だからかゴツゴツした手になるんだよなぁ。色んな描き方サイトを見て試行錯誤はしているんだけど。ただ "手" を描きたいんじゃなくて、女性らしい可愛い、色っぽい手が描けるようになりたい。女性キャラしか描かないので。

タグ: 版権 アイマス 千早
Formula Controller Chan #2
 前回、そんな複雑なポーズでもないのに上手く描けなかったので、ちょっと普通っぽい立ち絵を描いてみようと思った。あと顔に統一感がないので、同じキャラを描く練習も兼ねて、直近のオリジナルキャラである Fruity Formula Controller ちゃんを。コスチュームがレースクイーンっぽかったので、傘を持たせてそれっぽく立たせる。タレ目でピンクの髪ということもあってか、ロザバンのモカみたいなキャラになってしまった。
 うーん、やっぱり手が描けない。あとは服のシワも同様。これはどう練習したら上手く描けるようになるのか。ガンガン描くしかないのかな。それ以外だと、塗ってしまって改めて見直すと、ちょっと頭が大きいかな。ラフの時点では 8 頭身だったのを、色々弄って 7 頭身にもっていった影響か。なぜ 7 頭身かというと、ものの本によると、アニメや漫画のようなキャラの場合、手足を細くして 7 頭身にするのが可愛く見せる方法の一つらしいので。
 今回は完全にフルデジタル。線画の描き方が未だに定まらず試行錯誤しているけど、今回はシルエット法を選択。やはりこの方法が今のところ描きやすい気がする。線画の仕上げは、今回の絵は髪とブーツの一部がペンツール、それ以外をフリーハンド ( Painter の鉛筆 ) で描いた。作業時間や仕上がりを見ると、フリーハンドよりはペンツールの方が自分には良さそう。ただペンツールだと自然な強弱がつかないので、機械的な線になってしまうのが×。
 今回の一番の収穫は Painter のブラシの設定方法がもう少し分かったこと。大きかったのは [乾燥] プロパティーの存在を知ったこと。今までこのプロパティーの意味を知らず、基本的にブラシの編集方法は分からないので下手に触らないでおこうとしていた。で、運悪く今まで使ってたすべてのブラシでは殆どが [乾燥] が鬼のように早く設定されていた。
 これが早いとどういう風になるかというと、塗ったそばから乾いていくため塗料が伸びないのだ。例えば線を引いてみると、 1 cm くらいで塗料がなくなってそれ以上伸びない。描いた後をブラシでこすっても 1cm づつくらいしか伸びない。これが、 [乾燥] を遅く ( 高い値に ) すると、ブラシを当て直さなくても何 cm も線が引けるし、塗った後をブラシでこすったらガンガン伸ばすことができるようになる。いつも参考にしているイラストレーターさんの HOW TO でよく "塗り伸ばす" という表現があったけど、「ぜんぜん伸びねーよ!」といつもストレスがたまっていた。こういうことだったのか・・・。
 あとはエアブラシを思い切って使うことにしたこと。前述のイラストレーターさんのコラムで、 "エアブラシで描くと機械的な塗りになって面白くない" という内容があって、そりゃもっともだということでエアブラシは極力使わないようにしていた。でも色んな動画サイトの "描いてみた" 系動画を見ると、エアブラシばっかじゃねーか!しかも仕上がり綺麗。ってことで、何も考えず使うようにした。これは手早くかけて良いではないか!
 今のところまだ絵を描く意欲があるので、またすぐ何か描きたい。

タグ: