FC2ブログ
monocoque

Illustration practice blog.

PROFILE

monocoque

 趣味のお絵描き練習、ほか雑記ブログ。

 
  (ROM)
  (suspend)


[管理用]



CATEGORIES



ARCHIVES



SEARCH



リンク



Drumaxx 購入
 別に欲しい訳ではなく、ベータ使った感じじゃあまり使わなそうだったけど、発売記念でディスカウントされていたのでポチっと購入。今回は 13 US$ 。当時の円換算で約 1,200 円だった。  ベータ時と何が変わったのかよく分からないけど、とりあえずあらためて触った感じじゃ等分使わない気がする。音がチープなのがなぁ・・・技術がある人は音源がショボくてもどうにかしてしまうテクニックを持ってるんだろうけど。
 あまり良い感触の無かった Drumaxx だけど、ベータのとき入っていたボサノバのセットが結構気に入っていた。そんで過去製作曲をボサノバアレンジしてみようと思っていたのに、製品版ではボサノバセットが削除されていたorz 変わりにボサノバと名前が付いてはいるものの、何か自分のボサノバのイメージと違うセットが入っていた。うーん、残念。

タグ:
Solid Drums Vol 1 買ってみた
 PRODUCER LOOPS というサイトの Solid Drums Vol 1 というドラムループ素材を買ってみた。昨年の 4 月以来新しい曲を作ってないので、何かの刺激になればと思って・・・。本当はお布施の意味でも IL のオンラインショップのループを買っていこうと思ってたけど、サンプル聴いた感じで Solid Drums Vol 1 の方が先に欲しくなったので。
 価格は 34 ユーロで、今日の為替では 4,800 円くらいで買えた。今日は 1 ユーロがだいたい 120 円。 FX に興味をもった 1 年くらい前は 160 円くらいだった記憶があるけど、ずいぶん安くなったなぁと思った。というか、過去の推移を調べたら、丁度 2007 ~ 2008 年くらいが暴騰してただけで、 120 円くらいが普通なのかもしれない。ちなみに FX は興味をもっただけでやってはいない。やはりギャンブルはしない性質なので。
 Harmless を買おうと思ってスルガに 15,000 円チャージしておいたけど結局 9$ で買えちゃって、次の Drumaxx もアナウンスでは初回価格 9$ らしい ( 一部はハイチに寄付されるとか ) 。それらで想定していたより浮いた分がまだあるので、別のループも買っちゃおうかなと思案中。色々サンプル聴いてると他のも欲しくなるなぁ・・・ジュルリ
製品のURL: http://www.producerloops.com/Solid-Drums-Vol-1.html
 Solid Drums Vol 1 の内容は文字で説明があるし、サンプルでもいくつか聴けるので大体把握できる。ただ、自分のような DTM 初心者が注意すべきは、このサンプルで聴ける音は製品の "素材を元にして作った音" だということ。サンプルの音がそのまま入っている訳ではないようだ。考えればそうだ、そのままだったら無料で数個配るようなもんだし。
 製品ページの文字情報より内容を詳しく書くと、キック以外のドラムセットが鳴っているループの WAV とキックの WAV から成っている。サンプルはこれらの WAV を使ってプロが?コンプや EQ をかけた上で、シンセ等の音を加えて "らしく" 聴こえるようにしたもののようだ。要するに、単純に内容の WAV を組み合わせて鳴らすだけでサンプルと全く同じ音が鳴る訳ではない感じ。やはりミックス技術が必要って訳ですかorz 300 個のキック以外のループと 100 個のキックがあるので、単純計算 30,000 種類のループが鳴らせることになるのか?!キック以外のループはハイハットなどのメインのループ 300 個とは別に FX ループなるものも 100 個入っている。これも組み合わせると一体何種類できるんだ?
 ともあれ、それぞれの音は FL STUDIO XXL に付いてくるサンプル音よりぶっといキックがガンガン入ってるので、そういうキックが欲しかったところなので助けにはなるかもしれない。

タグ:
もる子 04
 正月明けに描き始めて線画段階で長らく放置していたのをやっと塗った。体にピタっとした服ばかりでシワの練習にならないので、今回は普通の服を着ているのを描いた。なんか変なシワ・・・シワ難しい。引っ張る、縮むとかそういうとこにシワができるみたいな理屈は一応意識してるんだけど。ポーズは前回縦長になったので、今回は適当に座っている感じで。
 こういう帽子被ってる子を街で見かけると妙に可愛く見えて凝視してしまう。別に流行ってる訳じゃないので滅多に見かけないけど。なんか去年ベレー帽が流行ったらしいけど、ロシア帽 ( と呼ぶらしい ) も流行ってくれないもんだろうか。ロシア帽にコートにブーツ、でもボトムスはミニスカートかホットパンツというのが個人的にストライクなんだけど。
 今回も各工程で使ったソフトはここ数枚の絵と一緒だけど、線画の清書だけ方法を変えた。今回の線画の清書は SAI のペン入れレイヤーを使わないで、普通のレイヤーに鉛筆ツールで描いた。この方が自然な線になるし早いや。
 線画段階じゃまだマシだったんだけど、やっぱり塗るとなんかグロくなる。山下氏のイラストをじっくり見ながら真似して塗ってはみるものの、どうしても同じように塗れない。どういう筆使ってるんだろう・・・。そう思いながらいろんな筆を試しながら塗っていったので、各部位で塗り方が滅茶苦茶。今まで Brushy 中心だったけど、後半から油彩中心に変えてみた。コットンとかフェイクレザーとか質感の塗り方が分からない。

タグ: