FC2ブログ
monocoque

Illustration practice blog.

PROFILE

monocoque

 趣味のお絵描き練習、ほか雑記ブログ。

 
  (ROM)
  (suspend)


[管理用]



CATEGORIES



ARCHIVES



SEARCH



リンク



FLP ぶっこわれる
 他人事と思っていたけど自分も FLP 破損の洗礼を受ける羽目になった。昨日の夜弄っていた既存自作曲のハウスミックスの FLP を今開こうとしたら開けなかった。
 慌てず騒がず、以前手探り FL ブログで破損 FLP の修正方法の記事を見たことがあったので、あれで直るだろうと落ち着いてその記事をググった。そしてその通りにやってみたが 2 つ掲載されていたいずれの方法でも復帰不能! IL の修復ツールでもプラグインが全く表示されないという破損の酷さ。色々ググってはみたけど、他に修復する手段は見つからなかった。
 一生懸命調整したマスタコンプや数百のサンプルから 1 時間あまりかけてキックやハイハットなどを選んだ作業、これらをまたやれと申すか。幸い昨日から「新しいのできないし、先日買った Vengeance のサンプルで既存自作曲のハウスミックスでも作ろう」と弄り始めたプロジェクトファイルだったので、イントロの一部を除いて新しいノートは殆ど打ち込んでおらず、プラグインの設定等を失っただけで済んだ。しかし昨日 2 時近くまでやった 5 時間くらいの作業が無駄に!トホホ・・・。
 他のは大丈夫か?!と、とっさに開いた自作バラード曲のプロジェクトをプレイしながらこの記事を書いている。このファイルもバックアップしとかねば・・・。 FL STUDIO じゃないけど、以前 Painter で同じようなことがあった。あれ以来 Painter は細かくバックアップしてたけど、これからは FL も同じようにしなくては。いや、 FL だけじゃなくて Photoshop も全部・・・面倒くせぇ('A`)
 そして今夜も昨日と同じ作業を繰り返す羽目になったけど、サンプルファイル選択は二度手間にならなくて済んだ。壊れた FLP をバイナリエディタで見ると外部ファイルへの参照はそのまま読める状態で記述されているので、どの WAV ファイルがプロジェクトに関連付いてたかは分かるから。それで一つ気付いたのが、キック音のファイルへの参照がどこにもないこと。少なくともこの情報が欠落しているのは分かった。
 昨日作業していたとき、夕食のときにプロジェクトファイルを一度閉じて再度開いたりしているので途中までは異常がなかったはず。そのリロード操作をするときに前述のキック音は既に追加していた ( キックはこのバージョンを作ろうとしたときに一番最初に追加した ) はずなので、このキックのチャンネルがファイル破損の原因とは考え難い。一体何が原因なんだろう。

タグ:
Vengeance サンプル集買ってみた
 絵も DTM も「俺ぁ何やってもダメだぁ~」状態で、どちらもソフトを起動はするけど進まない日々。そんで何か作ろうとして調べ物していると、 How To 動画などで使っている人が多いあるサンプル音に気付いた。調べると Vengeance というメーカー?が出しているサンプル音源っぽかった。製品名は Vengeance Essential Clubsounds Volume.3 と判明。ネット上で価格を調べると、どうも定価は 99 US$ くらいらしい。うーん、 40$ くらいなら買おうと思ったけど、 1 万円近くとなると足踏みしてしまう。しかし、前回買った Solid Drums Vol.1 が結構肥しになった気はしたので買うことに決めた。具ばっかり集めてロクなものができないのは客観的に見て少々滑稽ではあるけど、まぁプロ目指してる訳じゃないし、楽しければいいのさぁ~!
 さて、買うと決めても定価で買うのも何なんで、とりあえず安いとこ、あとどうも製品版は CD や DVD で売っているようなので、できればダンロード販売しているとこがないか調べた。検索で引っかかるのはフリーダウンロードの違法っぽいのばかり。そんな中 "Simpsons Online Downloadable Software Shop" という怪しいサイトに該当商品を安値で発見。価格はなんと 20 US$ 。 70% 近いディスカウントでなぜシンプソンズ?サイトもオープンしたばかりっぽいし、何だか怪しさ万点。でも他に安いとこ見つからなかったし、スルガ VISA デビットなので仮に詐欺だとしても被害は最悪でも口座の残高だけだと思ってそこで買うことにした。
 いざオーダーしてみると購入は 30$ 以上まとめてじゃないとダメという。つまり 10$ 何か足さないとオーダーできない。さらに怪しいゾ。 10$ くらいの適当なものはないかと探したら、同じ Vengeance の Electro シリーズが 15$ だったのでその Vol.2 を追加。するとなぜかショッピングカートに " 5$ ディスカウント" の文字が追加されてトータル価格が安くなった。アフィリエイトのリンクから来たりした訳でもないのになぜ勝手に値引きされる?!怪しすぎるだろ!w トータルで定価より 100$ 以上安く買えちゃうなんて怪しすぎる。 OEM なので安いって書いてあるけど、きっと海賊版なんだろうと思った。仮にそうだとしても、知らないで買った方には罪は無いよなぁ・・・ということでポチリ。
 5,000 円ほどチャージしておいたスルガ口座からは約 2,800 円が落ちた。円高万歳。オーダーが処理されるとショップと提携してるっぽいファイルストレージサービスのサイトの自分のアカウント ( オーダーの途中で別途作成させられる ) のとこにダンロードリンクが一ヶ月の期限付き現れる。そこから無事ファイルをダウンロードできた。落とした Zip ファイルを開くと中身は ISO イメージ。これを CD に焼けと申すか・・・と言っても、バーチャル CD ドライブのソフトが同梱されていて、焼かなくてもファイルを取り出せるようにしてある。まぁブランク DVD があったので両方とも焼いた。そして無事商品のコンテンツファイルを取り出すことができた。ウッホー得したなぁ!他にもっと安いとこあったかもだけど。
 ということで、多少怪しいながらもトータル 150$ くらいのものを 29$ + 手数料 1.5$ で購入できた。ホクホク。ソフトウェアの OEM ショップなんて初めて知ったわぁ・・・こんなのあったんだなぁ。しかし未だにこれは海賊版じゃなかろうかと少々不安。
 内容は本物の CD 版を持っていないので比較できないけど、とりあえずちゃんと Vengeance の公式に書いてある分量のファイルは入っている模様。何が欲しかったってベース音が欲しかったんだよねぇ。これ前買った Solid Drums Vol.1 より内容濃い印象。
 一応 Clubsound と Electro ということで、今回入手したのはクラブミュージック ( と括ってよいのか ) 系の音ばかり。 Solid Drums と違ってループじゃなくてほとんどが単音サンプルで入ってるのも良い。 Electro の方はベースが入ってなかったのが残念だったけど、スネアが結構いい感じのが多くて製作意欲を掻き立てられる。意欲だけは・・・。
 購入したサイトに他の Vengeance 製品がまだ安価であったし、 House 用のセットも買っちゃおうかな~なんて考えてしまう。無駄に道具だけ揃っていくのはちょっと空しいけど。あぁ新しい曲作りたいけど歌詞がぁぁぁ無理!文才なし。
Vengeance: http://www.vengeance-sound.com/eng/indexes/indexHOME.html
Simpsons Online Downloadable Software Shop: http://ataware.net/2007/pics/

タグ: